かにの通販をよくチェックしています。

わたしはかにが好きです。特に好きなのが焼きガニです。で、次はやっぱりミソがいいです。でも量はあまりなくていいのです。もう20年以上前ですが、父の知人が有名どころのかに料理を食べさせてた事がありました。かにと言えば今ままで家でかに鍋でしか食べた事がなく、外で食べるははじめて新鮮なのを食べられるという事でとても嬉しくワクワクして家族5人で出かけて行きました。確か、車で3時間ほどしてとした海辺のかに料理出してくれる民宿たどり着きました。ついてみるとなんと量はひとりにつき多分3杯ちかくあったと思います。当時わたしは小学校3年生ぐらいでした。あまりの量の多さに正直ゲンナリしてしまったのです。でもそこではじめて食べた生のかにの刺し身の美味しさは今でも鮮明に覚えています。それと最後に食べたおじやがそれはそれは美味しかったのです。

しかし、量が多いというのがわたしたち家族にはあまりむいておらず、特にわたしの姉は量が多いが苦手でさほど嫌いではなかったハズのかにだったのにそれ以来、数年間は食べたくないというほどキライになってしまったのです。でもわたしは別にキライにはなったりはしなかったです。ただ、量が多いのは苦手になってしまったいう点では姉と同様同じでした。それから我が家でわざわざかに料理を食べに出かけたり、家でかに鍋をする事はほぼなくなってしまいました。でも時が立ち、わたし達姉妹が、独立、結婚をしたあたりからまたかに料理を食べたいね。となりました。キッカケは姉のダンナもわたしのダンナも大のかに好きという事からでした。それにちょうどテレビでも絶品のカニがある地域の特集があり、わたしの母が是非とも一度食べたいと言い出した事もありました。特に姉は国際結婚をしたため、日本を離れ暮らし出したのでも一因でした。たまにダンナと日本にきた時にちょっと贅沢なものを自分たちが元気なうちに食べさせてやりたいと思っていたからだそうです。そのかに料理旅行はすぐに決まり、行くことになりました。その時も量が多かったですが、子どもの頃と違い、胃袋も大きいし、多いいう覚悟もあったのでとても美味しく楽しく食べる事ができました。

でもしょっちゅう食べにいけるほど裕福ではなにのでやはり気軽に家で食べるためにダンナがよくかにの通販サイトをチェックして頼んでいます。それは姉のところも同様なようです。美味しいとことを見つけれると情報交換なんかしているようです。